FC2ブログ

ママレード・ボーイ 第22話 Wデート!「好きなのにわかりあえない」

~恋模様(Love is the mind patterns)~

視聴ポイント:「遊・三輪それぞれの恋模様とは・・」

<内容と感想>
 夜・・交換日記で
遊 絶対変! 前回の話で、三輪さんと密会した話しは誰にもいうなという
ことを書いていた。

図書館・・茗子が本をめくっていた。
あのときの名村先生とあったことを思い出してしまったのだ。

もう、名村先生しか、眼中にないな・・

それを見ていたのは、遊だった。夏休みに小説を書こうと思っていたのだ。
名村先生の面影は、しっかりと焼き付いていたのだ。

いっぽう三輪さんとあった遊・・。光希にバレてしまったことを悔やんでいた。
三輪さんがあることを提案・・。それは、光希と茗子に映画を誘ったのだ。

これは三輪さんの作戦だな・・。

明日10時に渋谷のハチ公前で待つことに・・。
光希はあのときのことが怖くて聞けないのだ。

当日・・。
茗子は、三輪さんといっしょに、遊は、光希といっしょに分かれていった。
茗子は気が進まなかったようだ。

名村先生命だろ!

しかし、茗子と別れてしまった光希はどきまきしていた。
映画鑑賞中・・。
っとエンドクレジット・・。もう終わりかよ!

エンディングを見る暇もなく、光希たちは出ていった。
三輪さんたちは、最後までいた。

わざとはぐらかして、三輪さんと二人っきりにする作戦だったのだ。
光希は、遊と三輪さんはへんな関係じゃなかったということがわかったのだ。

この作戦は、秋月のためにいいとおもったからだ。
きがついたら、手をつないでいた。

おまえらラブラブしすぎ!

光希:手・・さっきからつないだままなんだけど・・。
遊:離したいの?じゃあいいじゃん・・。

ってこのこのこのーーーーーーーーー

なんか食べに行こうと誘った。
好き・・いつのまに好きになったんだろう・・。遊が好き・・
と、UFOキャッチャーでおあそび。

かっぱのカッチャンもゲット・・したんだろうな。

一方三輪さんたちは、光希がいなくなったが、
茗子は帰ろうとしていた。

三輪さんのムードにのらないということだね。

食事に行こうと誘ったが
茗子は光希たちがいないししょうがないといって断った。

しかし、このことがばれて、もしかして仕組んだんですか?と失礼しますといって
出ていこうとした。

名探偵コナンの毛利蘭だったら、即捕まるな。

付き合ったら遊と三輪さんに関係を話すといって選択させた。
仕方なく付き合うことに・・。

話術が巧みだな・・。
君の笑顔が見たいんだ。といって茗子に言った。
茗子 そうとうイヤみたいだ。
鳥肌がたっちゃうじゃないですか・・と言ったのだ。

三輪さん諦めが悪いな。

一方光希と遊は、遊んだあとにショップへ・・。
そこで見つけたのは、オルゴールだった。

開けると どっかで聞いた歌が・・
MOMENT じゃん!

曲もいいねこれ!

自分が歌っている歌だからな。

早速お買い上げ・・。
三輪さんのデートに付き合ってくれたお礼だった。

大切にするね・・遊からのファーストプレゼント・・。
遊と光希ふたりは手をつないでいた。

一方三輪さんたちは、茗子の家の前。
三輪さんと茗子がいた。
三輪さんと遊の関係をキスしてくれたら言うといったら
逆上してしまった。

そりゃそうだろ・・。
父親だといって・・
と唇をあわせてしまったのだ・・。

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うわーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
なんと強情な・・。キスしちゃったよ・・。

じゃ・・またな・・
と言って去ってしまった。

茗子は呆然としていた。

三輪さん。生徒会長なのにやり手です。
朝・・茗子にあった。
昨日どうだった。
茗子:最悪よ・・。

そりゃそうだろうな・・

三輪さんも登場した。
半径2メートル以内に近づかないで・・

根に持ったな。

遊と三輪さんは、二人でどこかへ行ったのだ。
それをみた茗子は、ついにこの二人の関係を暴いてやろうと尾行した。

そしてついたホテルはANAホテルだった。
ホテルで待っていたのは、一人の男・・。
茗子は分かったのだ。
三輪由充・・有名な建築家でお父さんだった。
遊の憧れだったようだ。

建築関係の本(ガウディ)を読んでいたようだからだ。
隠すことなんかなかったのに
しかし、光希はこれを知らなかったのだ。

一緒に暮らしているのに・・遊のこと何も知らなかったようだ。
本当だ・・遊の部屋には建築関係の本がたくさんあるのだ。

光希・・遊のことなにもわかっていなかったのだ。
遊が帰ってきた。遊・・遅かったのね・・。
三輪さんのお父さんのところにいたようだ。

建築関係の大学にすすむということを志願していたのだ。
興味ないやつに話したって面白くないからだったのだ。

おまえに関係ないだろ!
と光希にいってしまった。

悪かった・・いいすぎたよ・・。
光希は出ていっていた。
遊は・・私に壁を作っていただけ・・。

オルゴールをかけて
ふけっていた。
こんなに好きなのに・・遊!

 遊が建築家になりたかった夢を知らなかった光希。それを隠した遊との距離は近づいていくかのように見えます。しかし、遊は光希の気持ちを受け入れようとしているようにも見えますが、まだ隠し事があるようです。三輪さんは茗子狙いということで強引なデート・・。まあ、遊との関係を暴露することをしないにしも、茗子を振り向かせようと必死なようです。この行方どうなるのか・・双方見守りたいと思います。



<この話のまとめ>

遊・三輪それぞれの恋模様とは・・

 遊と光希はお互いに恋を実らせたが、遊の隠し事に触れた途端に自分の知らないことが浮き彫りになった。
 三輪と茗子は、茗子が名村先生の次でいいと思いつつ、強引に引っ張り、なんとか茗子を振り向かせようとした。

 お互いの恋模様は、人それぞれですが、やはり、茗子は名村先生オンリーだったようです。三輪さんのたくらみは、茗子狙いということ。どんな手段をとろうと必死だったようです。一方、光希は遊の夢とか考えていることの壁を取り払おうと必死でしたが遊に止められたようです。それは、まだ隠し事があることがあるからというものの、思いやりの大切さというものを感じ取ろうとしたようです。


 <今日の主役>
小石川光希(國府田マリ子)と松浦遊(置鮎龍太郎)
秋月茗子(山崎和佳奈)と三輪悟史(太田真一郎)

<キスシーン>
三輪くんが茗子に口止めのキス 7秒
(本編 14:55-15:02)

<挿入歌>
本編中のクレジット:ママレード・ボーイVOL.3「ママレード・ヴォイス!」より

【流れた曲】
・笑顔に会いたい(SLOW VERSION) 25秒
(本編 8:47-9:12)

<収録アルバム>
ママレード・ボーイ全曲集(COCX-32230~1)ディスク1-17曲目に収録
MOMENT(シングル盤:APDM-5010)のカップリング曲

・MOMENT/國府田マリ子 (オルゴール) 33秒 
(本編 12:32-13:09)
・MOMENT/國府田マリ子 (オルゴール) 39秒 
(本編 21:32-22:11)
<収録アルバム>
「ママレード・ボーイ Vol.3 ママレード・ヴォイス!~ヴォーカルアルバム~」
3曲目の冒頭を使用

<原作>
ママレード・ボーイ 第4巻
77-113ページの内容に準拠。

原作にはオルゴールがでてきません。MOMENTという曲の販促ですねこれは。


<気づき事項>
・遊たちが向かったホテルですが、地下鉄のルートから赤坂のANAインターコンチネンタルホテル東京と考えられます。
 現在では、溜池山王駅(銀座線)と六本木1丁目駅(南北線)が最寄り駅ですが、ママレード・ボーイの放送以降にできた駅なので、当時の最寄り駅は、地下鉄日比谷線ー>千代田線赤坂駅もしくは、日比谷線神谷町駅となります。


<参考>
・ANAインターコンチネンタルホテル東京(遊たちが行ったとおもわれる)
http://www.anaihghotels.co.jp/search/knt/ic-tyohc/index.html
・地下鉄日比谷線(遊たちが乗ったとおもわれる)
http://www.tokyometro.jp/station/index02.html#anc02


<シチュエーション>

・光希の心の変化
ふたりの関係が変じゃなくてよかった->彼はやさしいんだね->またあの人が来た->彼のこと何も知らなかった。どうすればいいの?


<演出>
岡 佳広

<脚本>
松井亜弥

<次回>
 光希は茗子に誘われて、伊豆にある別荘にいった。友達もつれて、みんなと一緒に遊んだり泳いだりした。光希は満足していた遊はいつもの調子でふざけていたが、光希は、同じ気持ちでいられないかった。遊が光希に対して話してほしいことがたくさんあるのは心への迷いなのか?

次回ママレードボーイ 第23話 衝撃の告白「遊、何を言ってるの?」

 遊が本来考えていることを悟ることができるのか! 光希!

☆次回は水着回となります。やっぱりママレード・ボーイは深夜相当のアニメだな。

<放送日>
朝日放送(テレビ朝日系列全国放送) 1994/8/7(本放送)
キッズステーション 2007/4/15 (最後の帯放送)
フジテレビTWO 2012/4/17

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

しるばにあ

Author:しるばにあ
(お知らせ)
今までウェブリブログにて、運用を行ってきましたが、運営元が2019/6/5より
リニューアルし、仕様が変更になるため、仮運用をしております。過去のブログ記事を移行いたしましたので、同じ記事を掲載しております。
今後の運用については、後日ブログにて連絡いたします。


しるばにあのぶろぐへようこそ
今はまっているアニメやいろいろな事について語り合うブログです。
なお本記事はアニメの内容(ネタバレ)を含んでおります。
放送終了後にご覧頂く事を推奨いたします。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード