FC2ブログ

響け!ユーフォニアム 第3話 はじめてアンサンブル




<感想>
 いよいよ、練習が始まった。課題曲は、マーチ曲「海兵隊」。滝先生に合奏を聴かせたが、みんなの一体感がなく、途中で演奏をやめたようです。もともと2年生が中心である吹奏楽部であったが、当時の先輩と衝突してやめて行ったという経緯があったようです。 滝先生に逆らう人たちが出てきても無理はないと思います。それは、あなた達が、「全国大会を目標にする」とみんなで誓ったのではないでしょうか?そうなれば、それなりの練習をすることが必要でないかと思われますが、どうでしょうかねえ・・。退部したみなさん(特に2年生)や、ボイコットしている人たちは、どう思ったのか・・。次回波乱の予感がします。


<ちょっと一言>
 吹奏楽部の練習では、まず基礎練習。すなわち腹式呼吸です。これにはいろいろな方法がありますが、私が中学生のときは朝のランニングと腹筋。これで持久力を鍛え肺活量を多くすることができます。ちなみに今日のマラソンが趣味というのもこのことが役にたっているのではないかと自負しております。
 次にパート練習です。これは、楽器ごとのパートに別れて練習します。音合せをしてから、個人+先輩の手ほどきを受けます。(私は、おもに自分のパートだけで精一杯ですが・・)楽譜上は、1楽器ごとに1パートが基準ですが、2-3パートに分かれることもあります。
1st:上級者レベル。一番難しいが、主メロディーで目立ちやすい
2nd:中級者レベル。1stの補助役。
3rd:初級者レベル。あまり目立たないが、和音の役目をする。

この3パートが和音となり、バラバラにならないように演奏するのです。これが意外と難しく、仲間意識というものが大切になります。

 そして、最後に、全部の楽器を合わせた全体練習です。これは、生徒が通してから始める自主練習と先生に見てもらう本当の全体練習に分かれます。メトロノームでテンポを測って練習することもあれば、途中で止めてそこから練習することもあります。その時に、顧問の先生との衝突がかなりあります。これらを乗り切るこそ、素晴らしい演奏になるのです。


<まめ知識>
・メトロノーム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%A0

<気づき事項>
・チューナーの使い方の話が途中で切れました。こういう作り方は、本当に良くないと思われます。ラブライブ!もそうだったけどね。
・滝先生の言っていることが遠回しになっていました。これでは、当然、反感持つ生徒がいるのも無理はありません。


<今日の有栖川おとめ:黒沢ともよのしごと>
 有栖川おとめ、いよいよ発表会の練習が始まった。スターライト学園ではアイカツカードでのコーディネートが主だったが、これにプラスして、ユーフォニアムをもった有栖川おとめというレッテルを貼られてしまった。
 それはさておき、スターライト学園高等部の吹奏楽部は、荒れていたようだ。アイカツで忙しいひとが続出してしまったことや、顧問の涼川先生にアンサンブルを見せたら、「おまえらやる気あるのか?」と言われたのがきっかけだった。どうする?有栖川おとめ。これは星宮いちごに聞くしかないと思ったのは言うまでもないだろう。(月影ゆりが出てきても助けてくれないでしょう。たぶん)

<今日の主役>
特になし

<今日流れた曲>
・海兵隊
 フルトン作曲。マーチ曲の定番曲です。私も中学校で、何回も演奏しました。
*小島里美さんの編曲なので多分楽譜出版元は、ミュージックエイトではないかと思います。


・交響曲第9番 ホ短調 作品95 「新世界より」 第2楽章 ラルゴ
 ドボルザークが作曲した有名な交響曲の第2楽章です。キャンプファイヤーでは「遠き山に日は落ちて」という曲でよく歌われます。
 通常はイングしッシュホルンでの独奏らしいですが、トランペットでの演奏となりました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC9%E7%95%AA_%28%E3%83%89%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AB%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AF%29


<アイキャッチ時の楽器>
フルート
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/flutes/
ピッコロ
http://jp.yamaha.com/products/musical-instruments/winds/piccolos/


<演出>
山村卓也


<脚本>
花田十輝

<協力団体一覧(一部)>
(音楽制作)
洗足学園音楽大学
フレッシュマンウインドアンサンブル(演奏協力)
(取材)
VPO 京都事務所
森脇清隆 京都文化博物館
宇治市商工観光課
京都市吹奏楽連盟
全日本吹奏楽連盟
京阪電気鉄道株式会社
(吹奏楽部取材)
京都府立東宇治高等学校
(楽器関連協力)
YAMAHA


<番組提供会社>
ポニーキャニオン
京都アニメーション
ランティス
TITLE: 響け!ユーフォニアム #3
URL: http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-9336.html
BLOG NAME: 日々の記録
DATE: 04/22/2015 07:50:49 AM
いよいよ練習開始です。でも、いきなり吹奏楽部の問題が明らかになりました。1年生のパート割りも決まって、いよいよ練習開始です。でもその前に、それぞれが使う楽器を選
スポンサーサイト



trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

響け!ユーフォニアム感想はじめたアンサンブル

腹式呼吸できる???タンションわ上げなくちゃだよ(笑)別名3年3組(笑)ケースを開けると・・・ご対面(笑)楽器と目が合ったの(笑)

【響け! ユーフォニアム】 第3話『はじめてアンサンブル』 キャプ付感想

響け! ユーフォニアム 第3話『はじめてアンサンブル』 感想(画像付)前途多難な吹奏楽部(^^;やる気のある2年は辞めてしまったほど酷い状況。久美子たちは、そんな中から新しく始めることが出来るのか?ダメな部を立て直していくスポ根展開みたいになってきましたね。熱くていいじゃない!合奏に向けて、パート練習をしている北宇治高校吹奏楽部。し...

響け!ユーフォニアム第3話の感想レビュー

滝先生のダメ出しがクリティカルヒット!回でした。無闇に激昂したりせず、淡々と指摘するスタイルがかえって凄みがありましたね。自分達で決めたことを頑張れない事を注意するだけなのでめちゃくちゃ正論なわけですが、ぬるま湯気分の先輩達には良い薬になるかしら?...

響け!ユーフォニアム 第三回「はじめてアンサンブル」

響け!ユーフォニアムの第3話を見ました。第三回 はじめてアンサンブル合奏に向けて、パート練習をしている北宇治高校吹奏楽部だったが、途中で帰る者や練習をせずに遊ぶ先輩など真面目に取り組んでいるようには見えずにいた。「あの、この部って2年生が少ないですよね?」「えっと…」「1年が気にすることない、気にしなくていい」滝は初歩的な曲“海兵隊”を合奏ができるよう...

響け!ユーフォニアム 第3話 『はじめてアンサンブル』 予想以上にひでえ吹奏楽部だった!

悪貨が良貨を駆逐する。2年生が思ったより少ない理由。それは部の方針を巡って大量離脱があったから。離脱した連中=やる気がある連中。つまりこの吹奏楽部はテキトーにやりたい連中が残った出がらし状態。中学生が「下手っぴ」って思うクオリティになるのもごもっとも。 なのにこの連中全国を目指すと大口を叩き、先生の酷評に反発。基本ほっぽらかしてフェスに出る練習しようとか言い出す始末。努力せず実力もないのに口だけは一人前。 そのうち高坂麗奈がブチ切れそうです。 話しかけてくる高坂にニンマリ。久美子何もしなくても元サヤっぽ

響け!ユーフォニアム #03 「はじめてアンサンブル」

吹奏楽部の病巣がチラリ・・・「響け!ユーフォニアム」の第3話。幼馴染み葵からの含みのある忠告。麗奈との接触もクリアしパート練習が始まる。早々に自分が使うことになる楽器を選ぶが久美子は残りが多いことが気になる。新顧問の滝先生が先ず与えた課題は初級的な「海兵隊(AA)」。しかし低音パートの中にも早々に切り上げて帰ってしまったりやる気のない生徒が。緑輝が「二...

アニメ感想 響け! ユーフォニアム 第3話「はじめてアンサンブル」

内部分裂を起こす吹部

響け!ユーフォニアム 第3回「はじめてアンサンブル」

響け!ユーフォニアム 第3回「はじめてアンサンブル」です。 この春アニメでは、『

アニメ感想 15/04/21(火) #響け!ユーフォニアム 第3話

響け!ユーフォニアム 第3話『はじめてアンサンブル』今回は・・・いよいよ本格的な練習がスタートしました。と思ったら、全然真面目に練習してませんね。前回全国大会を目指すと ...

響け! ユーフォニアム 第3話 「はじめてアンサンブル」 感想

各パート練習の回先生は一体何を考えているのか?

comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

しるばにあ

Author:しるばにあ
(お知らせ)
今までウェブリブログにて、運用を行ってきましたが、運営元が2019/6/5より
リニューアルし、仕様が変更になるため、仮運用をしております。過去のブログ記事を移行いたしましたので、同じ記事を掲載しております。
今後の運用については、後日ブログにて連絡いたします。


しるばにあのぶろぐへようこそ
今はまっているアニメやいろいろな事について語り合うブログです。
なお本記事はアニメの内容(ネタバレ)を含んでおります。
放送終了後にご覧頂く事を推奨いたします。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード