FC2ブログ

ママレード・ボーイ全曲集を10倍楽しく聞く方法(全曲集の解説

 ママレード・ボーイ全編を綴っている真っ只中ですが、以前、ママレードボーイのまとめ解説をしている間に、お約束というのがありました。

 「ママレードボーイ全曲集のレビューを掲載予定です」
以下掲載元↓
http://yasu92349.at.webry.info/200704/article_29.html
と言ったのは、ちょうど6年前・・。それ以来、全曲のレビューは、深夜アニメを視聴していらい遠ざかっていました。
 
 昨年度から、ママレードボーイの全話レビューを改訂版で載せていますが、こうなれば、やはり約束は果たさなければならないということで、ママレードボーイの全33曲を解説しちゃいます。
 また、私が聞いている方法についても述べて行きたいと思いますので、それでは、行ってみましょう。

さて、商品の情報です。
タイトル;ママレード・ボーイ全曲集
発売元:日本コロムビア
品番:COCX-32230~1
価格:\3,000(税込)
発売日:2003/05/21
枚数:2枚

 ディスクの枚数は2枚ありまして、ジャケットは表と裏がカラー印刷となっています。中身は単色です。このアルバムは、今まで出てきた、ママレードボーイ関連のアルバムからセレクトしております。
とくに以下のアルバムの曲から抜粋しているようです。
・ママレード・ボーイ Vol.3 ママレード・ヴォイス!
~ヴォーカルアルバム~
・ママレード・ボーイ Vol.5 ママレード・フェイス!
~ヴォーカルアルバムⅡ~
・ママレード・ボーイ Vol.7 ママレード・サマー!
~2度目の夏にヴォーカルアルバムⅢ~

 とにかく、全33曲も収録されているのですが、なにせ曲がどれも素晴らしいのが特徴です。今や深夜アニメでも、当たり前にボーカルアルバム出していますが、これは、当たり外れがなく、ほとんど完璧に仕上がっているのです。深夜アニメって当たり外れのキャラソンアルバムが多い中、このアルバムは、20年たっても色褪せない作りになっているのです。とにかく、まず、CDを25年前のCDプレーヤー(ソニーCDP-338ESD)にセットして聞くことにしましょう。

【Disc-1】
全17曲で、収録時間は76分46秒です

1.笑顔に会いたい(4:21)/濱田理恵
 言わずと知れた、あのオープニングテーマソングです。アニメのオープニングでも流れていますが、最初からキスシーンがあるというのは前代未聞ですなあ。1コーラス目からの間奏がやたらに長いです。(約1分)聞けば聞くほどあの、シーンが蘇ってきますね。
初出:オープニング・テーマ
イメージ:ボーカル

2.MOMENT(4:30)/國府田マリ子
 「夢じゃない夢じゃないの~ああ」というフレーズで第1話のキスシーン中に挿入歌として流れていたのがこの曲。第1話以降でもキャラソンとして、何度も流れ、ほとんどの話で流れていたようです。シングルカットもされ、「笑顔に会いたい」とともにカラオケでの定番となってしまいました。

初出:第1話 恋がしたい「カッコイイけど許せない!」
これ以外でも、大量に流れました。
第2話 キス後遺症「あいつの気持ちがワカラナイ」
第4話 銀太の告白「おまえをあいつに渡さない!」
第5話 恋人の伝説「メダイユに想いをこめて」
第6話 ラブゲーム「銀太なんか大嫌い!」
第7話 恋の北海道「どうなってるの?あの二人!」
第8話 大人の香り「やきもちなんてやいてない!」
第10話 初めての夜「お風呂でドキッ!」
第11話 バースデイ「遊が私を見つめてる…」
第12話 スマッシュ!「遊と銀太どっちも好き…」
第13話 恋と友情「銀太、亜梨実さんとつきあって!」
第14話 恋する資格「あなたは遊にふさわしくない!」
第15話 茗子の秘密「話してほしかった…」)
第16話 男の決断「なっちゃん、辞めないで!」
第19話 入籍騒動「非常識だなんて言わないで!」
第21話 軽井沢旅行「やっぱり……変!」
第22話 Wデート!「好きなのにわかりあえない」
第25話 リアルキス「あたし遊が好き!」
第30話 ライバル「遊 大好きよ!」
第31話 すずと蛍「不安にさせるこの二人…」
第36話  一人ぼっち「俺が忘れさせてやる!!」
第39話 せつない恋「ずっと遊が好きだった…」
第61話 N.Yの罠 「遊、あたしが馬鹿だったの?」
第63話 涙を抱いて「今は一人でいたい」)
第64話 二人の問題「おまえの声が聞きたい
第66話 新たな選択「あいつを忘れなくてもいい」
第70話 ただいま「どんな顔して会えばいいの?」
第74話 想い出の箱「バイバイ、遊」
イメージ:ボーカル

3.Friend Ship(5:15)/濱田理恵
 この曲のテーマは、Friend Shipすなわち友情・・第68話での、銀太の話で流れました。友情ってなんなのか・・友達は、明日への道しるべと歌詞にありますが、やはり、銀太は亜梨美さんで良かったんですね・・。

初出:第35話  すれちがい「別れようってことなの?」
この他
第68話 揺れる恋人「サヨナラ…銀太」 でも流れました。
イメージ:ボーカル

4.SOUTH WIND(4:13)/國府田マリ子
 この曲は、夏っぽい曲ですが、第69話であの、ブライアンの別荘の話で流れました。杏樹がパラグライダーで挑戦するシーンありましたよね。曲の中間では、ピアノとパーカッションのアドリブがありますが、これも心地よくにくいアレンジとなっています。

初出:第69話 恋の勇気「決心がついた!」
イメージ:ダンス

5.RAIN(4:28)/置鮎龍太郎
 学園祭で演奏した、遊が歌ったテーマソング、ディスク2には、枯葉色のクレッシェンドという曲もありますが、曲がまったく同じで詞が異なります。本編の「アドリブで弾いているんだぜ」という言葉通り、キーボードがやたらにかっこ良く仕上がっています。

初出:第32話  恋の学園祭「遊と蛍のコンサート」
イメージ:ボーカル


6.悲しい時はいつも(4:16)/金丸淳一
 これは銀太のテーマソングで、自分の思う気持ちをだした黄昏の歌という感じがします。悲しい時はおもいっきり悲しいぞーって叫ぶ・・やはり、恋愛では、熱くなっちゃうけどひたむきなんですね銀太くんはねえ。

初出:第40話 聖なる夜「イヴなのに一人ぼっち…」
イメージ:ボーカル

7.太陽を捜して(4:12)/久川 綾
 これは鈴木亜梨美のテーマソングです。アップテンポで、ポップな曲です。この歌詞ですが、恋のABCが中に入っています。どうやら、亜梨美は大胆な恋が好きならしいですね。Aから始めましょうって歌詞にあるんだからねえ。恋はキスからですか・・

初出:第32話  恋の学園祭「遊と蛍のコンサート」
この他以下の話でも流れています。
第38話 杏樹の想い「光希さんの次でいいの!」
第68話 揺れる恋人「サヨナラ…銀太」
イメージ:ビジュアル

8.素敵な小夜曲(4:02)/藤原美穂
 第1期エンディング・テーマ。夜に聞いても心地よい歌です。1コーラス以降はサックスが聞かせてくれます。1期目のエンディングは、しっとりしていて私好みです。ママレードボーイの曲って結構作家陣が良かったということを再確認しました。

初出:エンディング・テーマ
イメージ:ボーカル


9.最後の約束(5:00)/國府田マリ子
 茗子と名村先生が新幹線でわかれるシーンで初めて使われた曲。MOMENTでは、愛があふれている曲に対して、これは別れの曲。あの第17話のシーンが何度でも蘇ります。この曲でしるばにあは泣きました。エ~ン。カラオケで歌うと涙が流れてくるでしょう。第2弾シングルとして発売されました。

初出:第17話 茗子の別れ「さよならなんてできない!」(一番泣いてしまう話です)
この他以下の話でも出てきます。
第18話 恋のゆくえ「思い通りにならないね」
第24話 出生の秘密「遊をほっとけないの!」
第26話 新たな不安「幸せすぎて…怖い」
第29話  恋の邪魔者「メダイユが見つからない!」
第37話  悲しい再会「吹っきれたと思ってたのに…」
第41話 恋人たちの朝「メリークリスマス」
第46話 広島へ「もう一度そばにいさせて!」
第47話 海辺の二人「君の幸せを思うから…」
第48話 チョコの味「甘くて苦いバレンタイン!」
第49話 愛のかたち「幸せになるってムズカシイ」
第62話 さよなら「もう…彼女でいられない」
イメージ:ボーカル

10.今日の終わりに(4:00)/國府田マリ子
 この曲は、シングル最後の約束にカップリングされている曲ですが、最後の約束のその後みたいなものです。今日の一日の終わりにあの人のことをそっと胸にしまっておこう。そんな立ち直らせる曲です。

初出:第29話  恋の邪魔者「メダイユが見つからない!」
この他第48話 チョコの味「甘くて苦いバレンタイン!」でも流れました。
イメージ:ボーカル

11.エンジェル(4:22)/丹下 桜
 カードキャプターさくらで有名になった丹下さんの曲です。本編では佐久間すずという遊のライバルを演じましたが、子供から大人になる瞬間を夢見た歌と言えましょう。「自分は子供じゃない。もし願い事が叶うなら天使になりたい」そして、感じるのは恋・・。そんなことを思う歌です

初出:第42話 新春恋模様「サイコーの年になりそう」
この他第43話 スキー旅行「二人っきりになんかさせない!」でも流れました。
イメージ:ビジュアル

12. そばにいたい(6:04)/井上喜久子
 ママレードボーイのオリジナルキャラとして、登場した北原杏樹。永遠の17歳キタ~って感じです。漫画では登場せずアニメで登場。遊の幼馴染という名目で胸にしまった歌です。しかも、実にアルバム最長の6分という長ーい曲なんです。本当に永遠17歳はすごいとしか言い用がありません。


初出:第59話 不安な週末「遊の声が聞きたい!」
その他以下の話で流れました。
第65話 かたい決意「光希は…おれがもらう」
イメージ:ボーカル

13.永遠のペイヴメント(4:22)/山崎和佳奈&古谷徹
 茗子となっちゃんこと名村先生が恋焦がれていることを歌ったラブソング。本編では流れませんでしたが、茗子の情熱的な恋は、まさに恐ろしいものです。でも名村先生ってロリ○ンだったのは事実だったようです。なんせ茗子と名村先生って年が離れているし、高校生でけっこんしてしまうんですからおそろしいものです。

初出:なし
イメージ:ボーカル

14. melody-抱きしめて-(4:50)/國府田マリ子
 劇場版ママレード・ボーイの挿入歌として流れたのがこの曲。迷宮のようなそんな曲です。それにしてもマリ姉の曲がやたらに多いという印象ですが、まあ主役ですからねえ。最後の終わり方が結構ミステリアスでかっこいいです。

初出:劇場版ママレード・ボーイ
イメージ:ダンス

15. story(4:50)/國府田マリ子
 14番目にあった劇場版ママレード・ボーイの挿入歌「melody-抱きしめて-」のカップリング曲。こちらテンポがゆっくりで、情熱的に歌い上げます。どうせならこの曲も劇場版で流せばよかったのにと私は思います。

初出:なし
イメージ:ボーカル

16. あなたに おやすみ(3:14)/濱田理恵
 濵田理恵のゆっくりとしたナンバー。途中で、曲がバリエーション風にアレンジして面白みのある曲です。本編中では流れなかったですが、本アルバムの中では、最も短い曲となりました。

初出:なし
イメージ:ボーカル

17.笑顔に会いたい(Slow Version)(4:38)/濱田理恵
 1曲目の笑顔に会いたいの別バージョン。Slow Versionというバラードバージョンです。ほとんどスキャットで歌っていますが、結構このバージョンもしっとりしていいと思います。

初出:第22話 Wデート!「好きなのにわかりあえない」
その他以下の話でも流れました。
第53話 思い出作り「何が起こっても後悔しない」
第57話 恋の迷い道「もう耐えられない!寂しいの…」
第72話  異母兄妹「幸せが…こわれていく」
イメージ:ボーカル

【Disc-2】
全16曲で、収録時間は76分12秒です

1.枯葉色のクレッシェンド(5:02)/水島康宏
 さて後半のディスク2にさしかかりました。最初のナンバーは、遊くん(置鮎龍太郎)が歌ったRAINの別バージョンです。実は、第32話からこのエンディングに切り替わったんですね。作曲者のTSUKASAさんは、稲垣潤一さんの曲も書いています(セブンティー・カラーズ・ガール)。いやあすごい豪華だあと勝手に思いました。エンディング曲としてシングルカットされました。

初出:第32話以降のエンディング・テーマ
イメージ:ボーカル

2.ワガママでいこう!(4:38)/Yukari
 かなり大人っぽい歌なのですが、ソウルフルなボーカル、yukariのナンバーです。全てはワガママでいこうということなんですが。この次の曲であるハッピーエンドは終わらないにも通じる応援歌。やはり、こんな曲。深夜アニメのキャラソンにないよ!

初出:第58話 告白の音色「ボクを男として見てほしい!」
この他 第71話  星と月の夜「近くにいても…寂しい」でも流れました。
イメージ:ダンス

3.ハッピーエンドは終わらない(4:21)/Yukari
 前の「ワガママでいこう」よりもゆっくりな歌ですが、これもソウルフルな感じです。「続きはお楽しみに」という歌詞があるとおり、第56話の本編最後の方にに流れました。やはり、その頃の視聴率が10%以上のアニメって楽しめるものが多かったんですね。
初出:第56話 すれちがい「あたしの恋人は遊なのに…」
この他 第67話 ともだち「あたしには蛍クンが必要なの!」でも流れました。
イメージ:ボーカル

4.もういちど春が来るまえに(5:11)/國府田マリ子
 マリ姉の曲は、まだまだ続きます。今度は。小石川光希自身の歌みたいなものです。光希のトレードマークはなんといってもポニーテールのリボン。いろいろな色がありましたが、どれもカワイイ。残念ながら後半は、ショートカットになってしまいましたが、当初こんなアニメをなんで見なかったのか・・

初出:第51話 三角関係「ふりまわされて…」
この他第60話 恋人は遠い「遊はあたしの目の前にいる」でも流れました。
イメージ:ボーカル


5.夢のおはなし(5:31)/水島康宏
 エンディング曲の「枯葉色のクレッシェンド」のカップリング曲です。光希と遊が踊っているシーンを思い出した方もいらっしゃると思います。これ当初は、女児アニメなんだぜ。って大人がハマるのも無理はないと思います。

初出:第52話 月夜の決心「遊、離れるなんて…イヤ!」
イメージ:ダンス

6.with you~眩しい季節へ~(4:51)/國府田マリ子&置鮎龍太郎
 この曲から、アニメ本編中に流れず、キャラソンアルバムだけの収録となります。遊と光希との出会いというものを綴ったデュエットソングです。この後にも、銀太と亜梨美のデュエットソングもあるんですが、やはり、美少女と美少年といった感じですな・・。

初出:なし
イメージ:ボーカル

7.Do You Love Me?(4:49)/久川 綾&金丸淳一
 先ほどでた、with youと曲がまったく似ていると感じたことが多いと感じるはずです。それもそのはず、作詞・作曲。アレンジが全く同じなのです。こうして聴き比べていると、銀太と亜梨美・遊と光希って考えている恋愛感情が違うことがわかります。

初出:なし
イメージ:ビジュアル

8.感じていたい…(4:45)/市川楊子
 この曲はラストの夜明けのエチュードのカップリングとしてシングルカットされました。市川揚子さんって無名だったけど、こんなにいい曲なんだとつくづく感じてしまいたいほどです。ママレード・ボーイの歌って大人っぽい曲多いねえ・・。

初出:なし
イメージ:ボーカル

9.夏の蝶(5:09)/濱田理恵
 濵田理恵のワルツのナンバー。一瞬止まるところが小技なんですね。リコーダーの音が実に心地いい。歌詞によれば、光希を蝶に置き換えたようで、遊のところに行きたいという歌のようです。

初出:なし
イメージ:ボーカル

10.曇りのち晴れ(4:08)/國府田マリ子
 マリ姉の曲はこれでもかというふうに続きます。今度はアップテンポのナンバー。駆け抜けていく感じで爽快な曲です。私は、新幹線で毎回この曲を聞くたびに胸が踊ってしまいます。とくに、時速270Kmで曲を流しながら駅を通過するところは圧巻です。海の音とかも小技で入っています。

初出:なし
イメージ:ダンス

11.光と風のロンド(4:37)/山崎和佳奈
 茗子のイメージソング。今や山崎さんといえば、名探偵コナンに出演して有名ですが、歌の方はまあまあと言っておこう。(聞いたかたは多分わかるとおもうが・・)作曲者は「感じていたい・・」とおなじ松原みきさんですが、残念ながら作曲者はお亡くなりになってしまいました。

初出:なし
イメージ:ボーカル

12.デビューな季節(3:45)/鳥山あかね
 この曲は、あまり良く知らないのですが、あれーいつの間にかキスしちゃったという感じの曲です。鳥山あかねさんが自分で作曲したようです。きっと遊び心で入れたんでしょうね。

初出:なし
イメージ:ビジュアル

13.PUN! PUN! PUN!~噂のマイケル~(5:09)/緑川光
 マイケルのイメージソング。自分自身のことを歌っています。先ほどのRAINの遊と同じキャラソンとロックで勝負したようです。結構ノリノリですな。「ボクは本気で怒るよ」とか「ボクは怒ってやったよ」とか本当にマイケルの性格そのものですね。

初出:なし
イメージ:ダンス

14.Only Lonely Girl(4:55)/小山裕香
 これは、ジニーのキャラクターソング。こんなもんあったのかと思うほどです。本編では流れなかったんですが、本当は黄昏れていたんですね。でも最後には遊に振られ、光希を傷つけて、一人で旅立っていきますが、最後には別の友達ができる・・なんとも不思議な結末でしたね。

初出:なし
イメージ:ボーカル

15.終わらない夏へ(5:06)/松平直子
 いよいよ残すところあと2曲。今度のナンバーな夏らしい爽やかな曲。これも本編では流れなかったんですが、季節が夏ということで作ったんじゃないかと思われます。結構大人っぽい曲おおいな・・。

初出:なし
イメージ:ボーカル

16.夜明けのエチュード(4:08)/市川楊子
 最後は、このエンディングテーマソング。第54話以降および劇場版で流れました。やっぱり、最後の恋の結末は、「神様がいてくれる」そのものなんですね。最後に歌い上げアルバムの幕を閉じます。

初出:第54話以降のエンディングテーマ
イメージ:ボーカル

<以上2013/8/15 10:40-13:16 視聴しながら執筆>

いかがでしたでしょうか・・。うーんやっぱりママレの音楽集は途中で曲を変えられなくなったに違いありません。
それでは、ここからは、10倍楽しく聞く方法です。

1.電車は、新幹線で聞くべし!(東海道新幹線のぞみを推奨)
 全曲集の時間は、トータルで152分58秒。時間に換算すると2時間32分58秒となり、新幹線のぞみの東京ー新大阪間の2時間33分(最速)とほぼ同じなんです。ということは、東京ー新大阪間ですべて終わるという計算にになるわけです。
 新幹線の中で過ごすならママレを聞いて楽しんでしまいましょう。

2.携帯オーディオは必須
 ディスクが2枚となるため、CDポータブルプレーヤーだとディスクの入れ替えが必要です。このため携帯オーディオ(ウオークマン・IPOD・スマートフォン)は必須です。以前私はCDで持ち歩いていましたが、やはり、替えるのが面倒になりましたので、現在は携帯オーディオを持ち歩いています。

3.曲順を変えていろいろ試してみよう
 曲が多いので、パターン別に組換えして曲リストを作るのもひとつの手です。
例えば、東京駅発車であれば、1曲目は
最後の約束から始める:茗子との別れのシーンが蘇ります
笑顔に会いたい:やはり1曲目のOPから始めたい
となるわけです。
夜出発であれば、
最後の約束=>今日のおわりに=>もういちど春が来るまえに
というようにしっとりした曲から始めてもいいでしょう。

具体的な例としては。わたしのしるばにあツイッターでハッシュタグ
#新幹線でママレードボーイ全曲集を聴く
でツイートしておりますのでご参考にしてください。

http://yasu92349.at.webry.info/201308/article_19.html
今日もどこかでやっているかも・・
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

しるばにあ

Author:しるばにあ
(お知らせ)
今までウェブリブログにて、運用を行ってきましたが、運営元が2019/6/5より
リニューアルし、仕様が変更になるため、仮運用をしております。過去のブログ記事を移行いたしましたので、同じ記事を掲載しております。
今後の運用については、後日ブログにて連絡いたします。


しるばにあのぶろぐへようこそ
今はまっているアニメやいろいろな事について語り合うブログです。
なお本記事はアニメの内容(ネタバレ)を含んでおります。
放送終了後にご覧頂く事を推奨いたします。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード