FC2ブログ

ママレード・ボーイ 第33話  恋の迷い道「好きだ!」 ~恋心【awakening of love

視聴ポイント:「蛍が光希に対して伝えたかったこととは・・・」


<内容と感想>
 ライブが終わったが・・あのすずが遊にキスしたのだ。
 驚いたのは、すずの行動だった両親’s
CM撮影が終わった時も、キスしていたらしいのだ。

光希は席をたった・・。すずちゃんが大好きなのが不安だった。
授業が終わり・・すずのことをみんな言ったが・・遊はお構いなしなのだ。
銀太は許さなかった・・。亜梨美もゆるさないと言っていたようだ。

銀太がトマト顔になっていたようだ。
お前の心配なんてしないからなといった。

茗子と光希がお茶していた。茗子は助言してくれた。
落ち込んでいたら・・しょうがないではないかと吹っ切れた。
二人で旅行するということを約束していたのだ。

アルバイト先、蛍くんは、キスしていたところ見て、大丈夫なのかと聞いた。

助言はいいけど、自分のことを心配したらどうかな?

すずの部屋・・勉強を教えている。すずが、あのキスのことは知らないのではと
悟った。信じてもらえないと思ったが、顔でごまかした。
このままにはしてはならないとすずが光希に対する敵対心は深まってきた。

すず・・明らかにぶち壊したいと顔に書いてあります。

三輪さんが茗子のことを慕ったが、茗子は三輪さんのことを嫌っていたらしい。
帰り・・桃井先生は、名村先生に久しぶりにあった。
茗子が小説を書いていることを打ち明けたのだ。学生の頃を思い出したのだ。
いつかもしもわたしが甘えたいと言ったら・・受け止めてくれるのかとごまかしたが
ここは仕事の話にもどした。

本心は、名村先生に傾いていたようだな。

光希が、バイト先から帰ってきた・・。遊はすずと一緒に食事する事になったようだ。
すずちゃんに引き止められて・・キスしたなど・・と考えていた
早く帰ってきて!遊!

妄想もはなはだしいけど、ママレード・ボーイって本当にキスシーンが多いな・・。

遊が帰ってきた。光希は、ご機嫌ななめだった。
光希は、むくれていた。すずと何していたの・・
すずちゃんがキスをしたことは、お子様のキスだったと遊が弁解した。

旅行の計画練っているかといったらまだだった。旅行のデータ集めをしようと
言った。旅行のパンフレットをみたら建築物をみて驚いたのだ。

光希のバイト先・・。蛍が店にいた。そこで見たのはすずだった。
すず:光希さんは?
蛍:休みだよ。

光希さんとの関係を聞きだした。あの、抱き合ったことは何なのかということだ。
アイスクリームが目的じゃなかったら帰れといったらメダイユがおちた。

すずがみた。ますますあやしい・・。

これで蛍とすずはライバルになったな。
放課後・・。旅行のことを話そうということでゆみきりげんまんをした。
茗子は小説を書いていた・・。それを見ていた三輪さん。呆然と立っていた。
見とれていたのだ。からかっているんじゃない・・輝いていて近寄りがたいのだ。

本気で君とつきあいたいと思って・・想いを打ち明けた。
内容は年上の男の子を愛した少女の話だった。しかし結末が決まっていないのだ。

でも、茗子は名村先生に惚れているんだから、自分のことを書いているということなんだろうな。

すず・・遊と勉強しているが、蛍と抱き合っていることを打ち明けたのだ。
だってはっきりみたんだもん・・といっても、貧血を起こしたということも
嘘だといったが、遊は、スルーした。すずは、諦めていなかった。
なんとしてでも、

蛍と光希があった。蛍とわたしの関係ってなにもないじゃん
といって抱きしめた・・

好きだ・・。
それを見たのは、遊だった。
呆然と立っていたが、光希はいやーーあってはなした・・
なんで・・。

立ち去った遊はどう思ったのか・・。次回へつづく!

 ついに見てしまった蛍との関係・・。まあこれは誤解ということにななるんだろうな。でも、あれは普通の人はどう見ても、付き合っているとしか見えなかったようです。


<この話のまとめ>
蛍が光希に対して伝えたかったこととは・・・

 すずに言われて、ついに好きだということだった。行動が先に出てしまった。

 蛍は光希に恋心をいだいていました。それは行動に出してしまいましたが、すずが関係を問いただして無理矢理なのかなという感じです。心には秘めてはいたものの、遊にとられたくないということが先走ってしまったようです。光希は、本当に襲われやすいタイプなのかもしれません。

<今日の主役>
土屋 蛍(石田彰)


<キスシーン>
(回想)すずが遊にキス 6秒
(本編 61:50-61:56)
(回想)すずが遊にキス 2秒
(本編 66:48-66:50)

(想像)すずが遊にキス 1秒
(本編 71:42-71:43)

<挿入歌>
本編中のクレジット:ママレード・ボーイVOL.3「ママレード・ヴォイス!」より


【流れた曲】
笑顔に会いたい(Slow Version)/濱田理恵  1分57秒 
(本編 72:43-74:40)
<収録アルバム>
・ママレード・ボーイVol.3 ヴォーカルアルバム ママレード・ヴォイス!(廃盤) 8曲目に収録
・ママレード・ボーイ全曲集(COCX-32230~1)ディスク1ー17曲目に収録


笑顔に会いたい(Chu-Cu-Laスキャット・ヴァージョン) /濱田理恵  47秒 
(本編 81:32-82:19)
<収録アルバム>
ママレード・ボーイ Vol.4 幾つもの出会いを重ねながら  (廃盤) 7曲目に収録

<原作>
アニメオリジナル

<気づき事項>
・蛍くんの行動ですが、やはりすきだということが押さえられなくなったようです。

<シチュエーション>

・光希の心の変化
キスまでしたなんて。ぜったいおかしいよー>もう相手してあげない!ー>なにもなかったんだ。よかった。ー>とつぜん抱きしめるなんて・・いやあーーあ!

・佐久間すずの心の変化
キスしちゃったー>なんで反応しないのよ。ー>でも抱き合った人は誰?ー>そうだ、言いふらしてあげよう・・これであなたもイチコロね。
<演出>
岡 佳広

<脚本>
影山由美

<次回>
  蛍が、好きだということを打ち明けられ、それを遊にどう説明するのか。光希は遊に相談できないことを悔やんで、模索していた。そのときすずが、ハロウィンパーティに来ないと誘われた。「茗子、三輪さん。遊も来るというのだ。そのパーティで迎えた結末とは一体何なのか?

次回ママレードボーイ 第34話  別れの予感「ハロウィンパーティのたくらみ」

  光希と遊の関係をそんなにぶち壊したいのか! 佐久間すず!


<放送日>
朝日放送(テレビ朝日系列全国放送) 1994/10/23(本放送)
キッズステーション 2007/4/30 (最後の帯放送)
フジテレビTWO 2012/4/24


スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

しるばにあ

Author:しるばにあ
(お知らせ)
今までウェブリブログにて、運用を行ってきましたが、運営元が2019/6/5より
リニューアルし、仕様が変更になるため、仮運用をしております。過去のブログ記事を移行いたしましたので、同じ記事を掲載しております。
今後の運用については、後日ブログにて連絡いたします。


しるばにあのぶろぐへようこそ
今はまっているアニメやいろいろな事について語り合うブログです。
なお本記事はアニメの内容(ネタバレ)を含んでおります。
放送終了後にご覧頂く事を推奨いたします。

最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード